読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いくぢえっせい

1歳児の娘のママによる育児を通して見えたモノ・考えたコトや日常を発信するブログ。育児の知恵とエッセイが詰まったその名も「いくぢえっせい」

同じ境遇のママと出会えたら心が軽くなる…ママ会を企画した話

 

 

こんにちは。aiyanmomです!

  

 

さて、昨日のことになりますが、ママ友と一緒に初めて「ママ会」を企画してみました!

今日はその話。

 

 

 

1.aiyanmom、ママ会を主催しようと思ったワケ

そもそもはもう少しママ同士のつながりを持ちたいというのが事の発端でした。

 

縁もゆかりもない現住所に引っ越してからしばらく、娘とほとんど2人ぼっちの生活を送っていました。

それはそれで楽しかったんですが、まだ娘の完全に話せるわけではないので会話と言ってもちゃんとした会話が成り立つわけでもなく。。

うん、そう、私大人と喋りたいの!同じママたちと話したいの!ってある日気づいてしまったんですね。

 

で、私なりにママ友を作ろうと支援センターなどに行ってはみるものの、人見知りな性格もあってなかなかご近所でのママとの繋がりができませんでした。

なんだろう、ママたちとつながりたいのに、どこか他力本願なところがあったのかもしれません。

声かけてほしいな、誘ってほしいな…ってそんなんじゃ誰とも繋がれないよ!って話ですけど、自分からガツガツいけない性格なもので。。

 

そんな時、私の住んでいる地域にはFacebookのグループを中心とした大規模なママのコミュニティがあることを知りました。

早速グループに参加してみると、そこから様々な繋がりができました。

今一番仲良くしているママ友(Kちゃん)も、そのグループがきっかけで仲良くなれたのです。

 

Kちゃんやいろいろな人と話している中で

  • 育児において精神的に支えてくれるものは、同じママ同士の共感であること
  • イベントなどのきっかけがないとなかなかママ友はできないこと
  • ママ同士のつながりを持ちたいママはたくさんいること
  • 夫の帰りが遅く、子どもと2人ぼっち育児をしているママはたくさんいること

ということに改めて気づきました。

 

それなら、私がママ会を作ることで、自分自身がママ同士のつながりを増やせるだけでなく、同じようなママたちのためになるんじゃないか、とふと思い立ったのです。

1人では心細かったけど、Kちゃんや今回のママ会の場所を提供してくれたルームのオーナーさんなどと一緒にママ会を作っていくことになったので、プレッシャーは随分軽いものになっていました。

 

 

2.実際ママ会を企画してみた結果

f:id:aiyanmom:20170224015851j:plain

 

もう本当に「やってよかった!」と思いました。

自分なんかがママ会やって人は集まるのかな…って不安でしたけど、あっという間に定員数埋まってしまって、定員数超えても「参加したかった!」「また開催してください!」という声があって…

今回はかなりピンポイントでテーマを絞って、さらに規模も小さくママ会を主催したのですが、それでもかなりの需要があることに驚きました。

 

参加してくれたママたちは、皆さん毎日お子さんと一生懸命向かい合って、強く、明るく過ごしてらっしゃいました。

そんなママ達に「うんうん、そうなんですよね〜」「うちも同じですよ!」って言ってもらえるだけで心は軽くなります。本当に。

参加したママに

「今日は本当にありがとうございました。こう言う時間ってなかなか持てないので、育児の息抜きになりました。」

って言っていただけて・・・涙

ママ会を開くことで少しでも救われるママがいるなら、それってとても意味のあることですよね。

 

今回のママ会は、打ち合わせからイベントのアナウンスに至るまで、すべてFacebook上で行いました。

Facebookは以前からやっていたものの、メッセンジャーやイベントページの作成などはほとんど機能として使ってなかったので慣れておらず、また娘の活動時間にはパソコンもスマホも触れないので、スムーズなやり取りはできませんでした。

娘が寝てから夜中にメッセージのやり取りや投稿をすることが多く、それでも優しく対応してくださった会場のオーナーさんには感謝です。ありがとうございました!

Kちゃんは買い出しに行ってくれたり、当日の話をうまく進めるコーディネーター的な役割をしてくれました。(私が壊滅的に話し下手笑)Kちゃんありがとう!またすぐ遊びに行く笑

 

今回の出会いも単発でなく、繋がり続けていきたいな。

そして、持続してママ会も主催していきたいと思います。

 

 

3.まとめ

ママ会を主催してみて強く感じたのは、自分自身がママとの繋がりを増やせるだけでなく、参加者にとっても育児のちょっとした息抜きの場や新しい出会いの場になるということでした。

ママ会を作るというのは簡単なことではないかもしれないけれど、自分が動くことで誰かが救われるかもしれない…それならやってみる価値はあるんだな、と。

私もママだからこそ、子育ての大変さは身にしみてよくわかっています。

時に、ものすごい孤独感に苛まれることも。

だからこそ、こういう会の存在意義はあるのですよね。

 

 

 

というところで今日はこの辺で!

また〜!

 

 

********

最後に、今回ママ会をさせていただいたレンタルルームがこちら↓

http://www.facebook.com/k.kotorinoie/

託児&レンタルルーム「ことりの家」様です!

とっても可愛いこじんまりとしたルームで、子どもたちも楽しそうにしていました♪

短時間の託児からイベントスペースとして利用することも可能です。

何よりオーナーさんが素敵すぎます!

興味ある方はチェックしてみてくださいね〜!

 

 

 

aiyanmom